業務案内 めっき各種
電気めっき 光沢ニッケルめっき 
ダブルニッケル
クロムめっき
黒クロムめっき
銅めっき 
代用金めっき 
真鍮めっき
黒ニッケル 
本金めっき

クエン酸ニッケルめっき
無電解めっき 無電解ニッケルめっき(ニッケル−リン)
硫黄・鉛フリー無電解ニッケルめっき
PTFE複合めっき

静電塗装  ―クリアー塗装 
金色塗装 
つや消し塗装 
古美色塗装
研磨 各種ブロンズ(銅・真鍮)
各種ヘアライン(真鍮・代用金・黒ニッケル・ニッケル)
バレル研磨 
バフ研磨−色出し研磨(銅ブロンズ・真鍮ブロンズ)

実験ライン 3価クロムめっき
剥離 ―めっき・塗装剥離(再生各種製品…etc)


○電気めっき 
JISには「金属又は非金属表面に金属を電気化学的に析出させた被膜」と定義されています。
電気分解を利用して製品の金属(もしくはプラスティック等の非金属)に他の種類の
金属の皮膜を装飾、防錆、機能など目的に合わせて析出させる技術です。
・光沢ニッケルめっき
(照明、家具、雑貨、ディスプレイ、自動車・バイク、機械部品、弱電部品、
 各種装飾・機能部品…etc)
  
 ニッケルめっき皮膜は耐食性に優れ、硬さ、柔軟性など物理的性質も良好。
 色調も良く変色しにくい。各種金属の素地に対して直接密着性の良い処理が可能。
 弊社では半光沢と光沢のダブルニッケルを採用しているため、装飾・防錆の
 両面の機能を持つ皮膜。
   
・ダブルニッケル・クロムめっき
(照明、家具、装身具、雑貨、ディスプレイ、自動車・バイク、携帯電話、
 機械部品、弱電部品、各種装飾・機能部品…etc)
  
 クロムめっき皮膜は最終仕上げめっきとして大気中にて変色を防ぎ製品の
 美観を維持し、めっき面の耐摩耗性と耐食性を向上させる特性がある。
 弊社では、もともと耐食性のよいダブルニッケルめっきを下地としている
 こともあり(青白い冷たいシルバー系の)美しい外観だけでなく高耐食性の
 機能を持つ皮膜
・黒クロムめっき
(自動車、バイク、機械部品、各種装飾・機能部品…etc)

 黒クロムめっきは、黒色でマットな質感を要求される装飾用途と光選択吸収性、
 熱吸収性、高耐食性、塗装への密着性などの機能的用途でつかわれ、特に他の
 表面処理に比べると非常に熱に強い皮膜
・銅めっき
(各種下地めっき、電磁波シールド、焼結材、各種装飾・機能部品)

 銅皮膜は空気中で変色しやすいため、装飾用途としてはクリアーの静電塗装を
 施さなければならないが、熱・電気をよく伝え、軟らかく、研磨しやすいため
 装飾めっきの下地、機械部品の肉盛り用、浸炭防止などに使用され機能面には
 非常に優れた皮膜
・代用金めっき(錫-亜鉛-銅合金)
(照明・高級家具・装身具・雑貨・ディスプレイ・各種装飾部品…etc)
  
 高価な本金めっきと同様の色調を合金めっきすることで金色系のめっき外観を
 える、金めっきよりも低コストで得られる皮膜。
・真鍮めっき(亜鉛-銅合金)
(照明・高級家具・装身具・雑貨・ディスプレイ・各種装飾部品…etc) 
 
 代用金同様合金めっきすることで金色系のめっき外観をえる、代用金に比べる
 と黄色系の皮膜
・黒ニッケル
(照明・高級家具・装身具・雑貨・ディスプレイ・各種装飾部品…etc)

 主に高級家具や装身具に持ちいられる。ニッケルと亜鉛との合金めっきを
 おこなうことで、ニッケルの光沢を微妙に残しつつも黒味を帯びたダーク
 グレー系の皮膜
・本金めっき
(各種装飾・機能部品)
 
 純金自体は軟らかすぎて実用上の問題があるが、金めっきは、装身具などの
 装飾を目的としたものや、工業用としての弱電部品を中心に極めて重要な
 機能的役割をはたす皮膜
・クエン酸ニッケルめっき(ハンドバレル)
(各種装飾・機能部品)

 ホウ素規制のために開発され環境面ばかり話題になるが、クエン酸浴はワット
 浴にくらべ皮膜構造が緻密であるなど、すぐれた皮膜特性を持つ



○無電解めっき

  電気を使わず、還元反応を利用して品物の表面にめっき金属を析出させるもので、
ごく一部の素材を除き、金属から非金属に至るまで広くめっき可能であり、均一電着性に
優れているため膜厚精度もきわめて高く、主に機能を重視した工業的用途に供されています。

しかし弊社では機能的な利用だけではなくレベリングの起きないその特性を
活かし下地の状態を活かした装飾用途も採用しています。
・無電解ニッケルめっき(ニッケル−リン)
(各種装飾・機能部品)
  
 電気めっきに比べて、皮膜中にリンが含まれる為に耐食性にすぐれ。均一
 電着性に優れるため、ネジ・精密機械部品等寸法精度を求められるモノを主に
 処理します。また装飾用に光沢の無いニッケルめっきとしても製品をお受けし
 ております。
・硫黄・鉛フリー無電解ニッケルめっき
(機能部品)

 グリーン調達【RoHS指令、ELV指令、WEEE指令】のご要望にお応えする
 環境規制対応製品ですが、環境だけではなく、安定材としての硫黄・鉛を
 なくすことによって通常の無電解ニッケルめっきよりも耐食性を向上させた
 皮膜です。現行通常の無電解ニッケルめっきで発注いただいているお客様に
 もご通知し、硫黄・鉛フリータイプへの移行をお勧めしています。
・PTFE複合めっき
(機能部品・印刷機部品・自動車部品)
 
 無電解ニッケルとPTFEの樹脂の複合めっき。耐摩耗性、潤滑性、非粘着性、
 離型性、撥水性などの優れた機能を持つ皮膜で主に耐久消費材等の寿命を
 低コストで延ばすなどの利点を持つ。すべりを必要とする部品へのめっき
 処理をお客さまより頂くことが多いです



○静電塗装
 霧化帯電した塗料をアースした被塗物に静電引力で吸着させます。
通常のエアースプレーガンよりも塗料吸着率は高くエポキシ樹脂とアミノアルキッド樹脂の
特徴を生かした焼付け型の合成樹脂塗料を使用しているので。密着性に優れ、アルミ合金・
亜鉛真鍮・鋳鉄等に優れた付着性を示します。硬度・可とう性・耐摩耗性・耐酸性・
 耐アルカリ性・耐溶剤性にも優れています
・クリアー塗装
Now Printing (照明・高級家具・装身具・雑貨・ディスプレイ・機能部品…etc)

 素材・下地めっきの光沢・色調を活かした光沢のある透明色
・金色塗装
Now Printing (照明・高級家具・装身具・雑貨・ディスプレイ・各種装飾部品…etc)

 代用金・本金めっきとはまたちがった深みのある質感の金色
・つや消し塗装
Now Printing (照明・高級家具・装身具・雑貨・ディスプレイ・各種装飾部品…etc)

 素材・下地めっきの光沢を抑えた落ち着いた色調
・古美色塗装
Now Printing (照明・高級家具・装身具・雑貨・ディスプレイ・各種装飾部品…etc)

 古美色に仕上げ深みと高級感溢れるアンティーク調。

○前処理
研磨の前後やめっき前に素材表面をめっきの付く状態にするため
処理を行います

○研磨
一般的に寸法・精度を目的とするものでなく、主につや出し、場合に
 よってはつや消し面を作りだす仕上げ法など幅広い適応分野を持ち、
 ほとんど全ての金属・非金属の表面仕上げに用いられる。本社工場では、
 主にバフ研磨による色だし研磨を行っています
○バフ研磨−色出し研磨(ブロンズ・ヘアライン)
(照明、家具、装身具、雑貨、ディスプレイ、各種装飾部品・各種機能部品…etc)
 多層めっきの皮膜を研磨で削り色調整することにより、塗装では出せない
 金属皮膜特有の質感をもった独特の深みをもった色調に仕上げることが可能です。
・各種ブロンズ(銅・真鍮)
Now Printing (照明、家具、装身具、雑貨、ディスプレイ、各種装飾部品・各種機能部品…etc)
 多層めっきの皮膜を研磨で削り色調整することにより、塗装では出せない
 金属皮膜特有の質感と独特の深みをもった色調に仕上げることが可能です。
・各種ヘアライン(真鍮・代用金・黒ニッケル・ニッケル)
Now Printing (照明・高級家具・装身具・雑貨・ディスプレイ・各種装飾部品…etc) 
 同じめっき+研磨でも、最終めっき層を削る色出し研磨とは違い、中間めっき層に
 研磨目(ヘアライン)を施し、光沢を抑えた品のある色調を出す処理
○下地研磨
前処理で取れない素材の汚れや、めっき皮膜のレべリング(平滑性)で平滑にできない素材のキズをめっき前に削りとる、もしくは磨き上げます。
・バレル研磨
(各種再生品) 
 主にめっき剥離後の下地研磨の仕上げに使用



○めっき・塗装剥離
鉄・ステンレス素地のめっき(銅・ニッケル皮膜)はがし、塗装(合成樹脂塗料)
 はがし。意外としられていませんが、めっき皮膜や塗装皮膜は付けるよりはがす
 ほうが手間と時間がかかります。大型自動ライン数時間でつけためっきが、再生
 のためにはがすとなると24時間フル稼働で一週間かかる。なんて話がざらにあり
 ます・・・・・



○実験ライン
・めっき剥離(再生各種製品…etc)
基本的には鉄以外の製品(真鍮・ステンレス)で少ロットの物のみ
・3価クロムめっき
Now Printing 亜鉛めっきのクロメート処理とは異なり、クロムめっきの皮膜は金属クロムであるため弊社から出荷される製品には6価クロムは含まれないのですが、鉛フリーの
無電解ニッケルと同様にグリーン調達の観点から、3価クロムへの仕様変更を
要望するお客様に対応するために実験ラインを設備しました。